私たちはやがて宇宙人コミュニティに入ります

太陽系が所属するこの銀河には2000億個の恒星があり、そのような銀河はこの宇宙に1000億のオーダーで存在します。

そのような広い宇宙の中で地球人のような知性を持つ知的生命体はこの地球だけなのでしょうか?

それは考えにくい話です。だとすると独立国家が国連に加入していくように、いつか地球人が銀河コミュニティの仲間入りすることも考えられるでしょう。私はそれはすでに水面下で始まっていると考えています。

 

そのとき、私たち地球人は何を準備しておけばいいのでしょう? 国や民族ごとにばらばらで争いをしあったり、利権を争うメンタリティの地球に、高度な宇宙文明は接近遭遇しようという意志を持つのでしょうか? 時間は無限にあるわけではありません。このままいくと今の文明そのものが消滅しかねない地球環境にあるのもまた事実です。

 

そんな中で、銀河に属する一知的生命体としての地球人の在り方を根本的に考えるサイトの必要性を感じ、微力ながらアクションを始めていきたいと思っています。具体的には、セミナー動画の配信や、そのコンテンツに関連したリアルセッション、オンラインセッションなどを行っていく予定です。


「銀河地球人学校」の学び方

1.動画で学ぶ

 下記にリンクされている動画を自由に好きなところからご覧ください。

2.ブログで学

 ブログ 銀河地球人学校 をお読みください。

3.オンラインで学ぶ

 オンライン講座を準備中です。詳細はこちらでお知らせします。

4.リアルな場で学ぶ

 少人数でのセミナーで質疑応答しながら学べます。詳細はこちらでお知らせします。


「銀河地球人学校」の関連動画

★9歳の少年が宇宙について語った動画(YouTube)

★reborn2dayssanime(Vimeo)

★宇宙のデザイン(TED)



 ※以下、クリックすると動画にリンクします

 

◆銀河地球人学校001ーイントロダクション1 ~シリーズの目的~

 

◆銀河地球人学校002ーイントロダクション2 ~シリーズの構成~

 

◆銀河地球人学校003ー我々の生きている世界1 ~扱うスケール~

 

◆銀河地球人学校004ー我々の生きている世界2 ~究極の大きさにズームアウト(前編)~

 

◆銀河地球人学校005ー我々の生きている世界3 ~究極の大きさにズームアウト(後編)~

 

◆銀河地球人学校006ー我々の生きている世界4 ~究極の小ささにズームイン(前編)~

 

◆銀河地球人学校007ー我々の生きている世界5 ~究極の小ささにズームイン(後編)~

 

◆銀河地球人学校008ー我々の生きている世界6 ~時間とともに拡がる宇宙~

 

◆銀河地球人学校009ー我々の生きている世界7 ~時間と空間のはじまり~

 

◆銀河地球人学校010ー我々の生きている世界8 ~パラレル宇宙~

 

◆銀河地球人学校011ー我々の生きている世界9 ~次元について~

 

◆銀河地球人学校012-我々の生きている世界10 ~ダークマター、ダークエネルギー~

 

◆銀河地球人学校013-我々の生きている世界11 ~知覚認知の限界~

 

◆銀河地球人学校014-我々の生きている世界12 ~【相対性理論】光速度不変の原理~

 

◆銀河地球人学校015-我々の生きている世界13 ~【相対性理論】絶対空間・時間はない~

 

◆銀河地球人学校101-宇宙はわれわれをどうデザインしているのか- ~どんな問いをなげるべきか~